Teacher

ティーチャーDiv

J.MOSS

ビジネスと教師、両方のスキルアップが叶うような場所です。

CHAPTER 01

学生時代の取り組みを教えてください。
Please tell us about your efforts as a student.

学生の頃は芸術に熱中していて、特に演劇が大好きでした。台本を書いたり、企画や制作に携わったり、監督をしたり、ショートフィルムで主役を演じたりもしました。ショートフィルムを作ることが大好きです。休みの日は、1日目は外で過ごして、2日目は家の中で過ごすことが多いです。最近は海へ行くことにはまっています。ハイキングもするようになりました。横浜周辺のハイキングはいいですね。そうした休みの翌日は、何もしないで過ごします。本を読んだり、映画を観たり、温泉に行ったりしたいですね。

During my school years, I loved the arts, especially theater. So I wrote, produced, directed, and starred in many short films. So I love making short movies. As for my days off, I like to spend the first day off doing outdoor activities, and the second day off doing indoor activities. So recently I love going to the beach, and I just discovered mountain hiking, so I really like that. Especially around Yokohama.
And then the next day on my day off, I love to do nothing. I wanna read books, watch movies, and maybe go to an onsen.

CHAPTER 02

Jstyleに入社したきっかけを教えてください。
What motivated you to join Jstyle?

前職では6年間、教師をしていました。それから、ひとつチャレンジしてみることに決めたんです。まず、製薬会社に入社しました。製薬会社では記者として心臓外科に関するレポートなどを担当していました。教師の仕事とは全く違いましたね。ですがその環境で、ビジネスとは何かを学ぶことができました。製薬会社に1年勤め、やっぱり私は教師の仕事がしたい、と思ったんです。同時に、ビジネスの世界で学んだことを活かしたい、とも思っていました。でも、学校でも英会話学校でもない環境に身を置きたい。両方が叶うような場所を探していました。夢カナを知ったとき、ここには私の求めている仕事がある、と思いました。理想にぴったりはまったんです。

I had been teaching for 6 years before this job. And then I decided to take a risk. I started working for a medical company. And I was acting as a journalist reporting on heart surgery. And it’s very different to what I was used to. But I learned a lot more about the business side of things. And after doing that for 1 year, I realized I wanted to be back in my classroom. But I wanted to bring with me all the things I had learned in business. And I didn't want to return to somewhere familiar like a school or an ordinary Eikaiwa. You know, I wanted something that blends both. When I saw Yumekana, it seemed like it was exactly, uniquely able to offer me the job I wanted. So to me, it was a perfect match.

CHAPTER 03

どんな業務を担当していますか?
Could you give us a specific job description?

ティーチャー部のリーダーをしています。でも自分自身が「教師」だということは忘れません。それが私の仕事だからです。それが私の仕事としてきたことであり、これまでの学びを還元できることなんです。部内の教師とのコミュニケーションを大事にしています。長期的な目標を達成するにはどうしたらいいか、他の先生方と話し合うようにしています。たしかに肩書は「リーダー」ですし、チームを先導することにはやりがいもありますが、「教師」であることを意識しない限り、リーダーにはなれないと思っています。だから教師をしているという実感があるんでしょうね。当社の教師の仕事は教えることです。それは一目瞭然であるかと思います。当社の教師は熱い想いを持って仕事をしています。しかし教師の仕事にはその他のことも含まれます。生徒の情報を登録したり、生徒に連絡したり、履歴書を添削したりなどです。こうした仕事によってレッスンがスムーズに進みますし、それが生徒の成長につながります。細かい仕事もありますが、すべてレッスンに関係しているんです。

So my job description is a leader of the teacher department. But I always think of myself as a teacher first. At my core, that’s what I do. That’s what I’m comfortable, and that’s what I can apply everything I’ve learned. But I’m also the leader, because I interact with all the other teachers. I try to fix a consensus with the other teachers to see how we can achieve our long term goals. So my official title is leader, and I love leading the team, but I couldn’t be a leader unless in my heart I was a teacher. So that’s why I feel like I’m teaching. First and foremost, the English staff teach.
You can see it in every individual teacher here. You can see their passion in teaching. But on top of that, there is some supplementary thing. Taking registrations, contacting students, checking resumes, all the supplementary stuff. It’s designed ultimately to make the classes better and help the students where we can help them. There’s a lot of little jobs, but all of it ties back to teaching. Do you actually enjoy working and teaching English to students? I do. I really do. Every lesson is a surprise. You meet a few characters. It’s an interesting scene the way people play with the language. It makes me think about English in a way that I haven’t thought about before. But really the most satisfying part is when you see a student go from a placement test, and then struggling with their English, all the way through to graduation, and then sending you a long thank-you email. It’s so nice seeing, seeing that progress, what feels like such a short time.

CHAPTER 04

英語を教える仕事は楽しいですか?
Do you have a lot of interaction with students?

楽しいですよ。授業のたびに驚きがあります。生徒の個性って豊かなんです。生徒が「英語で遊んでいる」のを見ていると、面白いなと思います。私たちが考えたこともなかったような見方で英語を捉えているんです。この仕事でやりがいを感じる瞬間があります。生徒がプレイスメントテストを受けて、英語の壁にぶち当たりながらも卒業を迎え、長文のお礼メールを送ってくれるときです。その成長を見ることができるんです。それも、とても短期間での成長です。生徒と交流する機会は多いですか?生徒とは主にレッスンを通して交流しています。質問があればいつでもメールしてね、といつも伝えています。私を含め、教師は喜んでメールに返信します。でもメールは一対一の交流とは違います。そのため当社では相談の機会だけでなく、「コーヒートーク」というものを設けています。毎週1時間おしゃべりの時間を作ります。この時間にはどんなことを話してもいいんです。プライベートと授業、半分半分のような時間ですね。

The main interaction is in the classes. But we’re always quick to remind them that if they have any questions, they are free to email us anytime. But a lot of the teachers, including myself, we’re happy to answer emails, but it’s not the same as real one-on-one interaction. So we offer consultations, but the really big one is coffee talk. We allow an hour every week to coffee talk. Coffee talk is a place where we can talk really about anything. So it really varies from, I think it’s 50-50 between hobbies and then real academic work.

CHAPTER 05

Jstyle内の雰囲気についてどう思いますか?
How do you feel about the atmosphere over Jstyle when you actually work there?

雰囲気はとても良いです。当社は信頼と個人の責任に対して特に重きを置いていると感じます。そうしたことを良くないと捉えたり、社員に裁量を与えなかったりする会社もあると思います。当社は社員の選考にも気を使っていると思います。そしてそれぞれが情熱を持って仕事をしています。だからこそ社員が同じ目標を持って業務に取り組めるんです。そんな雰囲気が大好きです。仕事の量ではなく働き方の質を重視し、良いバランスが作れているんです。このバランスを理解できていない会社もあるかと思います。当社はこのバランスをしっかり理解していると感じます。同僚とディナーやランチに行くことはありますか?ティーチャー部間に限らず、他部署間でもディナーに行くことがあります。仕事の話をしてしまうんですが、「いや、業務時間外は仕事の話はやめよう」と言い聞かせています。つい仕事のことについて語ってしまうんですよね。仕事の話はよくしています。仕事のこと以外だと、食べ物のことですかね。みんな食べることが大好きです。日本にはすばらしい食べ物がたくさんあるので。

I really love it. I think the company puts a lot of stake in trust and personal responsibility. I think some companies may see that as a risk, and some companies tend to micro manage.
But I think, here, every individual is carefully selected. And everyone is passionate about their jobs. So I think, here, everyone automatically has the same end goal, which is just do the good work.
So I really like the atmosphere. I think it’s a good balance between keeping people productive rather than busy. I think sometimes it’s hard to tell the difference for some companies. But this company, I think they understand the difference very well.
There are a couple of people, not just from the Teacher Department, but from other departments, and they happen to be going for dinner. We end up talking about work, but we keep having to tell ourselves, “okay, we need no work policy outside of work.” It’s very easy to get caught up, you know discussing We catch ourselves talking about work a lot. Mostly, if it’s not work, almost always we’re talking about food. We all love food. Japan has amazing food.

CHAPTER 06

仕事とプライベートは充実していますか?
Are your work and private life fulfilling?

そう思います。仕事が充実していれば、プライベートも充実すると思っています。仕事が充実していなかったらプライベートにも影響して、休日にストレスを持ち越してしまいます。だから私は両方を充実させるようにしています。どちらかが充実すれば、もうひとつも充実する。私の場合、どちらも充実しています。

I would say so. I’m the type of person where my private life is more fulfilled if my work life is more fulfilled. If my work life is not fulfilled, it leads over to my private life and I get stressed on my day off.
See, to me, I’m always in tandem with each other. If one of them is fulfilled, the other be better. So I would say so, yes.

CHAPTER 07

将来のキャリアプランについて教えてください。
Tell us about your future career plans.

今は夢カナの仕事に集中しています。当社には将来性がある、と強く感じています。それだけ短期間で急成長しているんです。そんな会社の社員でいられて光栄に思います。遠い将来を想像するとしたら、大学教授としてクリエイティブライティングを教えているかもしれません。ライティングは私のルーツともいえます。書くことや演じること、指揮をとることが好きなので大学教授という道もあるのかな、と思います。

Right now I am concentrating on Yumekana.
I really do a see a future here. and I can’t believe how well the company is doing well in such a short time. And I’m happy to be a part of that now. But if I had to consider way off into the distance Perhaps I would end up when I am an old man. I will end up in maybe University perhaps as a university professor of creative writing. Something that will take me back to my roots when I was a student.
You know I love to do writing, acting and directing. I would probably be a university professor.

CHAPTER 08

応募を検討されている方に一言メッセージ
A message to those who are considering applying.

教師になりたいあなた。情熱を持って仕事できる環境に身を置きたいあなた。アイデアを共有し、率先して行動できるあなた。信念を持って行動できるあなた。Jstyleでお待ちしています!

So if you are serious about being a educator, And if you want a environment where you can thrive, you can put your best ideas forward and take initiative, and act on your principles, Then is definitely the place for you!

TOP
TOP